Cumulus VXをVMware Workstation Playerで試してみよう

ホワイトボックススイッチ向けのネットワークOSとしてCumulus Linuxが広く使われていますが、仮想アプライアンスとして別途「 Cumulus VX」というものがあります。

スポンサーリンク

手元に物理機器としてのホワイトボックススイッチは無いのですが、学習用途に入手して試してみました。

Cumulus VXは2021年7月現在、確認した限りでは「NVIDIA」のサイトから無料ダウンロードできます。(アカウントを作成してログインしないとDLは不可)

[NVIDIA]: https://www.nvidia.com/ja-jp/

今回は、ノートPC OS: Windows10 でVMware Workstation Player上でCumulus VXが動くことを確認しました。

NVIDIAのサイト内でCumulus VXのダウンロードページに移動すると以下のような画面が表示されます。ここでは、最新版の4.4.0を選択しました。

VMware Workstaion Playerで動かしたいので、ここでは一番下のVMwareを選択して、ダウンロードします。

今回ダウンロードしたファイルは、cumulus-linux-4.4.0-vx-amd64-vmware.ova (923MB)です。

VMware Workstation Player を起動して、資材を選択します。インポートが開始され完了するとOSの起動が始まり、ログインプロンプトの画面が表示されます。

初回のログインを行います。(バージョン4.2以降初期パスワードが変わりました)

(id: cumulus, pw: cumulus)

cumulus login: cumulus
Password: cumulus
You are required to change your password immediately (administrator enforced)
…………

cumulus@cumulus: mgmt:~$

バージョンの確認

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show version
NCLU_VERSION=1.0-cl4.4.0u0
DISTRIB_ID=”Cumulus Linux”
DISTRIB_RELEASE=4.4.0
DISTRIB_DESCRIPTION=” Cumulus Linux 4.4.0″

 

インターフェースの確認

※DHCPサーバーを探して、自動でIPアドレスが振られているようでした。

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show interface
State Name Spd MTU Mode LLDP Summary
—— ——- —— —— ——- —— ————————-
UP   lo N/A 65536 Loopback   IP: 127.0.0.1/8
 lo   IP ::1/128
UP  eth0 10G 1500 Mgmt   Master: mgmt(UP)
 eth0   IP 192.168.1.11/24(DHCP)
UP  mgmt N/A 65536 VRF   IP: 127.0.0.1/8
 mgmt   IP: ::1/128

システム情報を表示

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show system
Hostname……… cumulus
Build………… Cumulus Linux 4.4.0
Uptime……….. 9:33:47.740000
Model………… Cumulus VX
Memory……….. 921MB
Disk…………. 6GB
Vendor Name…… Cumulus Networks
Part Number…… 4.4.0
Base MAC Address. 00:0C:29:03:F8:93
Serial Number…. 00:0c:29:03:f8:93
Product Name….. VX

物理筐体のledの表示を遠隔で確認 (正常時は green)

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show system led
※ $ ledmgrd -dコマンドでも同じ表示結果を得られる

Power: green
Fan: green
System: green

スイッチの物理故障の有無をセンサーから確認する (故障がなければ、右端のステータスはOK)

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show system sensors
※ $ smonctl コマンドでも同じ表示結果を得られる 

Fan1    (Fan Tray 1, Fan 1 ): OK
Fan2    (Fan Tray 1, Fan 2 ): OK
Fan3    (Fan Tray 2, Fan 1 ): OK
Fan4    (Fan Tray 2, Fan 2 ): OK
Fan5    (Fan Tray 3, Fan 1 ): OK
Fan6    (Fan Tray 3, Fan 2 ): OK
PSU1            : OK
PSU2            : OK
PSU1Fan1  (PSU1 Fan )   :OK
PSU1Temp1 (PSU1 Temp Sensor ): OK
PSU2Fan1  (PSU2 Fan )   : OK
PSU2Temp1 (PSU2 Temp Sensor ): OK
Temp1   (Board Sensor near CPU ): OK
Temp2 (Board Sensor Near Virtual Switch ): OK
Temp3 (Board Sensor at Front Left Corner ): OK
Temp4 (Board Sensor at Front Right Corner ): OK
Temp5 (Board Sensor near Fan ): OK

NTPの設定

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show time ntp server
cumulus@cumulus:mgmt:~$

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net add time ntp server ntp.nict.jp iburst
cumulus@cumulus:mgmt:~$ net commit
cumulus@cumulus:mgmt:~$

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show time ntp server
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
-par.cyberbits.e 193.190.230.37 2 u 23 64 1 301.331 10.193 4.542
+nu.binary.net 129.7.1.66 2 u 2 64 3 177.387 1.421 4.754
-serenity.baxter 206.108.0.131 2 u 3 64 3 183.780 23.593 18.654
+ipv4.ntp2.rbaum 43.162.219.88 2 u 4 64 3 50.924 1.633 9.658
*ntp-a3.nict.go. .NICT. 1 u 5 64 3 28.123 14.502 6.250

・ntp.confにも追記されていることを確認
cumulus@cumulus:mgmt:~$ tail -3 /etc/ntp.conf
#Specify eth0 interface; do not listen on switch ports
interface listen eth0
server ntp.nict.jp iburst

タイムゾーンの確認と変更

※デフォルトのゾーンはUTCなので変更します。

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show time zone
Etc/UTC
cumulus@cumulus:mgmt:~$ net add time zome Asia/Tokyo
cumulus@cumulus:mgmt:~$ net commit

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show time zone
Asia/Tokyo

しかし・・・ここで問題が発生しました。net show timeコマンドで確認した現在時刻がJSTにならずUTCのままなのです(汗)

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show time
Thu 12 Aug 2021 01:41:00 AM UTC

NCLU系コマンドの不具合でしょうか・・・。ただ、本環境は実際にホワイトボックススイッチにインストールしたものではないラボ環境なので、同事象が起きるかどうかはその都度確認が必要だと思います。

その後、以下のように対応したら解決しました。

cumulus@cumulus:mgmt:~$ sudo dpkg-reconfigure tzdata
  1. スクリーンメニューに従って地域を選択する(Asiaを選択)、<OK>をクリック
  2. スクリーンメニューに従ってタイムゾーンを選択する(Tokyoを選択)、<OK>をクリック 

再度、以下のコマンドで時刻を確認(JSTとなって反映されている)

cumulus@cumulus:mgmt:~$ net show time
Thu 12 Aug 2021 10:44:46 AM JST

net show コマンドで確認できる項目は数多くありますが、net show help コマンドで確認することができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

おすすめ

error: Content is protected !!