ウェルビーイングが合言葉、辛いものばかりではありません。

手頃な量・値段の蓮の葉ごはんのお店が、昌徳宮の近くにあったりします。
利パッ」というお店です。

「るるぶ」でも紹介されていました。
でも日本語は通じません、基本日本人には英語で話してこられます。
ですので注文等に困ることはないはずです。
注文したのは、ヨンニプチュモクパプセット(8,000ウォン)。
画面、右側のおむすびは5種類ほどあるなかから選べました。
蓮の葉ごはんの奥にある佃煮のようなもの、あまりに美味しかったので買って帰りました。
売っているんですよね、これ単品で。
・常温保存で、冷蔵庫にはいれない。
・2週間程度は保存がきく。
ということ、ご飯が進みます!

地下鉄なら3号線「安国」駅から3番出口から徒歩5分程度、バスなら「昌徳宮」で下車して同じく徒歩5分程度です。
季節がよければ「北村韓屋村」を歩いて、立ち寄るのも場所的にいいかもしれません。

スポンサーリンク

安くて美味しいお店はまだまだ残っています

次にご紹介するのは乙支路3街で下車、徒歩5分程度の場所にある「コネンジ」というお店です。

この数年、ソウル市内の物価の上昇は激しく、以前のように安くて美味しいお店ばかりという状況ではなくなってきているのが現状です。
そんな中、このお店はキムチチゲ+ビビンパが7,000ウォンというお値段!

キムチチゲは酸っぱい感じのお店が多いと思われているかと思いますが、このお店は現地のお客さんしか見当たらないのに、日本人の舌にも合う!?食べやすい味つけが特徴です。
また、ナムルがいい感じなので、このビビンバが最高に美味しいのです!

久し振りに安くて美味しいキムチチゲを食べたなあという感じで満足のいく昼食でした。
参考までにコネスト地図に、マーキングをつけておきました。
※日本のガイドマップには載っていないと思います。
日本語は通じませんでした。以上、参考まで。

(つづく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
カテゴリー: 韓国旅行

error: Content is protected !!