週末の夕食は外食をしたくなります。
翌日が休みという解放感もあり心身ともに軽くなるからでしょうか。
外食といっても、いつもがっつりお肉を食べたくなるというわけではありません。
向かった先は、大阪天王寺にある玄米ご飯が食べられるお店
玄米カフェ 実身美(サンミ)
です。(最寄駅は地下鉄御谷町線:阿倍野駅)

スポンサーリンク

お店の名刺には、があって 体によくて しい と書いてあります。

今、米や小麦粉などの炭水化物を採りすぎない「糖質制限」が注目されていることもあって、「ご飯は食べない」といった極端な食事をする人も出てきているとか。

実際にきちんと調べてみると、白米や白パン、麺類等の精製された炭水化物は控えましょうねという話のようです。
で、玄米ですが未精製の炭水化物なので骨にもいいし、血糖値の急上昇を防ぐにも良いことで知られています。そもそも、あまり消化がいいものではないので「よく噛んで食べる」⇒「噛む回数が多いと、少量でも満腹になった気分になる」ということで食べ過ぎも防ぎやすいと言われています。
そんなこともあり、玄米が食べられるお店を色々と探して食べてみたいなあと思っていました。

話はもどって、この日のこちらのメニューは以下のとおり、「ヘルシー玄米定食」です。

ランチタイムも同じ定食をやっていて、夜よりは少し安いようです。
夕食の時間帯でも、結構待ち時間はあるようなので時間の余裕のある時に行くのが良いでしょ。
天気が悪く雨だったこともあり、待ち時間は短めの15分程度で名前を呼ばれました。
二階席が空いたとのことで、階段を上がってテーブルにつきます。
注文したのは、入口のボードに書かれていた「日替わりヘルシー玄米食」です。

ご飯はもちろん、玄米です。(トッピングは黒ゴマ)。

[メイン]
・鶏手羽中とお野菜の薬膳スープ~たっぷり薬味のせ~
[デリ3品]
・ひじきと石本さん家の真卵の炒り卵
・れんこんと鶏肉の南蛮酢
・ねりごまキムチ奴っこ

メインの味は、例えるならサムゲタンのスープに似ている感じがしました。
好きな人と苦手な人に分かれる味です、きっと。
れんこんは南蛮酢に合いますね、いい感じでした。
ねりごまキムチは、これもアリかなという感じ。
メインと玄米ごはんですね、個人的に満足度が高かったのは。
玄米はしっかり噛んで、よく味わいながらゆっくり食べました。

普段からもっとやらなきゃいけないことなんですが、「食事をきちんと一品一品味わいながら幸せを感じながら摂る」っていうことが今日はできました◎^^。
玄米いいな、できれば毎日でも食べたいなあ・・・。

知らないだけで、他にもこんなお店がたくさんあるはず。
また見つけて、あちこち行ってみたいと思いました。

 


人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!