火曜ドラマ『この恋あたためますか』に癒されて

2020年最もヒットしたドラマと言えば「半沢直樹」ですが、その陰に隠れて!?大健闘しているのが火曜日10時からのTBS系ドラマ枠でした。

スポンサーリンク

記憶に新しいところでは、「私の家政婦ナギサさん」がコロナ禍の今年、ステイホーム中の多くの人の心を掴んで大人気のドラマとなりました。

そして!その同枠で今また視聴者の心をほっこりさせてくれているドラマが

『この恋あたためますか』

ちなみにこのドラマは、コンビニを舞台としたオリジナル脚本によるラブストーリーです。同じタイトルのコミックスがありますが、原作としておらず関連性もないそうです。

この時間枠のドラマを観て、よく聞かれるのが「悪人が一人も出てこないから安心する」「疲れた心に優しい」などの声です。(今回は、強いて言えば山本耕史さんあたりは少し悪役かも)

ストーリー自体は主役4人をめぐる四角関係(立場は社長から社員、アルバイトまで幅広いですが)で、よくある展開ではあるのですがキャスティングの魅力でドラマとしていい具合にキュン死させてくれる出来具合になっています。

浅羽社長役(中村倫也)

浅羽社長はいわゆるツンデレ系か!いや、あまりにデレの部分もないのでツンツン系とでもいいましょうか^^; きっとそこが人気なのでしょう。

井上樹木役(森七菜)

井上さん、社員だとまずコスト計算とか色々制約や社内の忖度などに縛られて保守的になってしまう商品開発の部署にいながらして自由な感性でスウィーツを作っていきます。

業績不振のコンビニ「ココエブリ」のスウィーツ改革のストーリーとタイアップしたセブンイレブンのスウィーツも売り切れ続出!

チョコっとリラックシュ~

セブンイレブンのある店舗で店員さんに聞きました。

「ドラマとタイアップしているシュークリーム、いつ来てもないけどいつなら買えるんですかね?」

店員さん「ここの店舗の入荷時間が午後の2時過ぎなんですが、検品して店頭に並べたら大体15分くらいで売り切れますね」

なるほど、朝イチバンに行ったからあるというわけでもなく入荷時間を目掛けていかないと無いんだ!!と妙に感心しました。

ドラマのスウィーツ部が開発したシュークリームやプリンをセブンイレブンで買い込んで、それを食べながらドラマを観て幸せを感じている人が多いようですね。SNS等で発信されている情報によると^^;

第二弾! 恋する火曜日の極上パンプディング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

おすすめ

error: Content is protected !!