ステイホームの時間の有意義な過ごし方の一つとして、趣味の楽器演奏を動画に撮ってSNSやYOUTUBE、tick tockなどに投稿する人が増えています。そんな動画ですが、皆さんはどうやって録音しているでしょうか?

スポンサーリンク

例えば楽器演奏など、電子楽器をパソコンに繋いでDTMソフトに繋いで編集する?楽器を弾いて生音を録音する?(椅子のきしむ音や鍵盤をたたく音、外の雑音などが入ってしまい綺麗な音では撮れませんね)

ここではYAMAHAの電子ピアノを使って、直接スマホにライン録りする方法を紹介します。

今回の使用楽器はYAMAHAの電子ピアノP-125です。その他の必要な機材は

・スマホ(ここではiPhoneとします)

・USBケーブル(タイプAオス – タイプBオス)

・Lightning USB camera adapter (Apple純正)

そしてスマホにインストールするアプリ、YAMAHA(無料) 「Cloud Audio Recorder」

[事前準備]

1.スマホにアプリ「Cloud Audio Recorder」をインストールします。

2.USBケーブルを電子ピアノのUSB to HOST端子に挿します。

3.電子ピアノに接続したUSBケーブルに、Lightning USB camera adapterを接続します。

4.Lightning USB camera adapterとスマホを接続します。

[演奏&録音作業]

1.スマホにて「Cloud Audio Recorder」を開きます。

2.画面左端の赤い[ ● ]を押します(ボタンの上が点滅し始めます)。続いて画面中央の再生ボタン[ ▶ ]を押します(ボタンの上の秒数カウントが始まります)

3.電子ピアノで曲を演奏します。

4.演奏が終わったら、停止ボタン[ ■ ]を押します。

[確認作業]

1.画面中央の再生ボタン[ ▶ ]を押します。録音した演奏が再生されます。

※電子ピアノとスマホを繋いだままだと音は電子ピアノから、接続を解除すると音はスマホから直接聞こえます。

保存した音データはWAV形式で保存されます。

データファイルはiTune経由でパソコンに保存(転送)することができます。

動画としてSNS等にアップロードして公開する際には、この音データをiMovie等の動画編集ソフトを使って映像を乗せて演奏動画として完成させる場合が多いと思われます。演奏風景の代わりに写真を使ったり、スライド風にしたりする場合もあるでしょう。

音と映像を別撮りするのは面倒くさいと感じるかたもおられるでしょうが、良音で音楽を録音したいという方にはとても良い方法ではないかと思われます。

ここで紹介した方法で作成した動画をいくつかサンプルとして掲載します。

ご参考になれば幸いです。

X JAPANの「Without You」をshort versionで弾いてみました。実際に弾いていた映像部分だけを後から録音した音に乗せて動画を作っています。スタジオでライン録りしたかのようなノイズのない録音ができます。
ファイナルファンタジーXの「ザナルカンドにて」を弾いてみました。演奏動画を乗せるかわりにこのように画像1枚の表示でも動画としては構わないと思います。ライン録りをしないとピアノ1台演奏は特に色々な雑音が気になってしまいます。
ジョンレノンの「LOVE」を弾いてみました。曲のイメージで演奏シーン以外の画像を乗せています。画面が動かないと観ている人は音に集中出来るという利点もあるのではないでしょうか。十人十色の動画でそれぞれが楽しんで作ればいいのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
error: Content is protected !!