サッカーワールドカップ、ロシア大会の日本代表について。

スポンサーリンク

全試合を観て応援して(途中で一瞬応援を止めて)また応援して、感じたことを好き勝手に書きます(爆)。
※あくまで個人の考えです、悪しからず。

2018年サッカーのロシアW杯は、事前の予想を大きく裏切り日本の予選通過もあり大いに盛り上がりました。
テレビ局やスポンサー、サッカー協会もホッと旨を撫で下ろしているところでしょう。

既に日本代表チームは16強を果たしたのちのベルギー戦で敗れ、大会から去っています。
しかし得点力不足に悩まされ続けた代表チームは今回に関しては多くの見どころとワールドクラスかと思える連携を見せ、胸をすくようなゴールシーンを見せてくれました。
今まででは想像できなかった力強いゴールは多くの人々を感動に導いてくれたのではと思います。

さて、少し時間も経ち今客観的に振り返った場合にどのような総括をすれば、今後の糧になるのでしょうか?
数字だけをみれば、トータルで1勝2敗1分け
数々の感動シーンがあったわけですがこの数字だけを見るととても大躍進というわけでも無いように見えます。
実際に中心選手である柴崎選手も「10人の相手に1勝しただけ」と冷静な見方を口にしていました。

第一戦の対コロンビア

前半の非常に早い時間帯に相手チームの反則を誘発して、11対10という数的優位な立場に立てたことは非常に大きかったことは疑いの余地がありません。
ここで、いち早くボールを手にし迷いのない眼差しでキッカーとしてゴールを決めきった香川選手。
強くなったなあ、と涙目になりながら見ていました。
個人的には、この初戦の香川が決めきった最初の1点。これがチームに大きな勇気を与えたのではないかと思っています。
ここで外していたら・・・今までの弱弱しい日本代表に戻ってしまっていたかもしれません。
この初戦の勝利はとてつもなく大きな番狂わせでありかつ日本にとっての大きな財産になったように思います。

第二戦の対セネガル

個人的には日本代表チームのベストゲームです。
もしかしたら、過去も含めて日本代表チームがワールドカップの舞台で魅せてくれた最高の試合だったかも知れません。
結果は引き分け。しかし今までだったらまず負けで終わっていた先行されるパターン。
元々手持ちの勝ちパターンは先行逃げ切りしかないチームだっただけに、この反発力は大いに人々に勇気を与えたと思います。
本田選手も、途中出場からのゴール。一番欲しい場面で決める力はやはり誰もが認めるところであっぱれでした。

この試合では攻撃に転じる際のパス回しも前へ前へとサイドを広く使いながらも推し進めていくバルサを思わせる素晴らしい時間帯を垣間見せてくれました。守備も我慢と統制が最後まで持続され非常に良かったと思いました。

第三戦の対ポーランド

色々と物議を醸しているいわくつきの試合ですね。
まず、先発を6人入れ替える!
すでに予選敗退が決定していたとはいえ格上のチームに対して・・・舐めていますね。
もちろん1、2戦の先発メンバーの疲れが考慮されてのことではあったでしょう。
しかし必勝を期す陣形ではないですよね、最初から。

試合が始まる前からテレビの放送でアナウンサーがしつこいほど「引き分け以上で予選突破が決まります」と言っていた時点から「おそらく・・・負ける」という不安がかなりの確信めいた形で心をよぎっていました。
なぜか、だって今までそれを繰り返してきたから。中田ヒデのいる時代にも見てきました。
引き分けでいいと思って試合に挑めば十中八九負けます。

絶対に勝つと思って試合に挑めば運が見方すれば勝つし、悪くても引き分けで済む。
サッカーに限らず、勝負事というのはそういうものではないでしょうか。
この試合でまず、明らかになったことはサブメンバーと先発メンバーの差が思っていた以上に大きかったということ。
もっと小さく見積もっていたのはサブメンバーにも大いに期待していたからですが。
柴崎と山口の差はここまで開いてしまったのかと思いましたし、大迫と武藤は差が殆どない(武藤がもっとできると思っていた)と思っていたのでショックが大きかった・・・。

相手チームにリードされたまま、後半キャプテンの長谷部選手が投入されてからの時間帯。
今大会の最大の問題場面です。
この点に関してはのちほど述べます。

第四戦の対ベルギー

とても素晴らしかったと思います。
後半、たとえほんのひと時であれ、2点を先取した戦いっぷりは新たな未来の希望を見た気がしました。
チーム全体として、ハードワークに徹して1、2戦の戦士に戻っていたのが何より嬉しかったですね。
2点のゴールもそれぞれ個の力も相まって、スぺクタルと呼んでもいい素晴らシュート。
そしてその後、1点づつ返され最後の最後に痛恨の1点を奪われてしまった結末は周知のとおり。
でもそれは、「ベルギーの底力がもう圧倒的に凄かったから!」だと思うんですよね。
(実際この記事を書いている現時点で、その後の試合でブラジルを破っています)

日本は何も悪くないよー、何が嬉しかったかといえば最後に更に点を取りにいったところ。
逆にやられてしまいましたが、いいと思います。
これが世界の中における日本の現在地だから。

こうして、日本のワールドカップは終わりました。

それでもなお、今でも各界のご意見番さんによる「ああだ、こうだ」という議論が繰り返されているのが第3戦の「ラスト10分のパス回し(時間稼ぎ)」です。
今こうして見ると多数はなのが、「勝つための選択肢で、アリです」、「プロなんだからどう戦うかより結果が大事」という賛成派。(芸能人の方の多数、上沼恵美子さん等)

一方で、「見ていて悲しくなった、スポーツなのに目の前の試合を勝ちにいかない選択ってあるの?」「あのまま攻めていって、仮に負けたとしても誰も攻めないし勝ちに行ってほしかった」という趣旨の意見もありますね、こちらは少数派か?(一部のスポーツジャーナリスト、芸能人の方、松本人志さん等)

一個人としてはあの試合、パス回しが始まった、ずっと最後までこれをやる意志が見えた瞬間、テレビを見るのを止めました。
その時の頭の中はそれでも割と冷静だったつもりですが、「セネガルが追いついても、そのまま負けてもどどうだっていいな」と思ったものです。

なぜかというと、「自分の未来は自分の力で掴みとっていこうとするのが、正しい姿勢じゃないの?それがスポーツであれ、仕事であれ、恋愛であれ・・・。そんな未来を他人に託すのか?バッカじゃないの?」

これが持論です。
サッカーやスポーツにそんなに詳しくないけど、ワールドカップの試合は全部見届けます!っていう人ほど同じように感じた方は多いのではないでしょうか?
で、暫く時間が経った今はどう思うのか?と言われれば、「何もかわりません(爆)」

人それぞれ、考え方や見方が違えばいいと思います。
ただ、一つだけ言っておきます。

最後のパス回しを是と力説する人たち、もしセネガルが1対1に追いついて終わっていても同じ発言ができたでしょうか?
最後のパス回しを非と主張する人の意見は、セネガルの勝敗の結果に左右されません。
あの時間稼ぎの末に、日本が予選を敗退していたら1万人中1万人がきっと180度態度を変えるでしょう。

大勢を占める世論って、けっこうその程度のものが多いんです。
今の世の中って・・・誰が言ったかに踊らさないようにしたい。

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
error: Content is protected !!