ソウルからバスに乗ってドラマロケ地へ

少し季節は遡りますが、韓国ドラマ「神々の晩餐」のロケ地でもあるソイル農園に行ってきました。
農園入口に着いたときは、まさに快晴!とても気持ちいいです。

入口を入り、右側の順路を進みます。

暫く歩くと、今日のランチを食べる「松里」が右手に見えてきます。

2013年に全国マッチブTOP1000サイトの月間ランキング投票で、1月のマンスリーランクで1位を受賞したそうです。
その時の楯が飾ってありました。

ドラマのロケ地ですよ~「神々の晩餐」

店内は広々として解放感があります。

注文したのは、チョングッチャンチゲ定食。
大体皆、これを注文するみたいですね。
チゲはテンジャンチゲと納豆チゲが選べます。
ここの納豆チゲは臭みもなく、普段納豆を食べれない人でも大丈夫ということで人気があるようです。

迷わず、納豆チゲを選択。これは、ウマい!

黒米もとても美味しい!そして奥に映っている豆腐がまた最高でした。

スポンサーリンク

大量の壺、醤油づくりの風景

食後はレストランを出て、農園内を散歩します。
緑豊かで、気持ちいいです。
こうやって、一つ一つ手入れされて作られていくのですね。

水の流れも全て絵になる感じです。

更に進むと、ドラマのロケで使われた現場の矢印が。

MBCもこういう場所を見つけて、ドラマを撮るあたりがすごいなあ、どうやって見つけるんだろう。

再度、順路に戻り、庭園の奥へと歩いていきます。
まさに、壮観!

帰りもバスで東ソウルターミナルへ

さてここから帰る際ですが、一竹ターミナル(バス停)までは農園の案内所でタクシーを呼んでもらいます。
ターミナルまで歩く人もいるそうですが、元気な人はそれもありかもしれません(-。-;)。
一竹ターミナルの、東ソウル行きの時刻表を参考までに載せておきます。

バスに乗っておよそ1時間くらいで、東ソウルバスターミナルに到着します。

東ソウルバスターミナルの道路渡ってすぐの駅は、地下鉄カンビョン駅です。
ここまで戻ればもう大丈夫ですね(*゚ー゚)ゞ

ソウル特別市からほんの少し足を伸ばすと、またいつもと違った韓国の景色を見ることができます。
機会があればこのソイル農園、お勧めです!

住所:京畿道 安城市一竹面 金一路332-17
営業時間:9:30-20:00
休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
error: Content is protected !!